My-Favoritestory-Annex

韓ドラ「ボイス」雑感

2368 views
voice2
voice3
voice4
voice5

ボイス Voice 全16話 (2017年 韓国OCN)

チャン・ヒョクさん主演のドラマです。
インスタグラムを拝見していたので、走って走りまくっている刑事役のチャン・ヒョクさんのドラマだとは知っておりました。
でも第1話を見て、凶悪犯罪に挑む刑事のドラマなんだ。とても陰惨で、暴力的で残酷な映像が続き、正直びっくりしました。鉄アレイで人を殺すなんてぞっとしてしまいます。
犯罪捜査ドラマであることはわかっていますが、その犯罪はどれも残忍でした。
アメリカのドラマでサイコパスなシリアルキラーを扱うプロファイラーのドラマ「クリミナル・マインド」を彷彿とさせます。チャン・ヒョクさんは熱血刑事役で肉弾戦っていう感じですが。
この刑事役もそうですが、チャン・ヒョクさんはいつも体当たりの演技で熱演されますね。すごいパワフルな俳優さんだと感心しています。


演出 キム・ホンソン 「夜叉」「ライアーゲーム」「I Loveイ・テリ」
脚本 マ・ジンウォン 「ラストダンスは私と」「カムバック・マドンナ」
出演者
イ・ハナ(カン・グォンジュ役) 112通報センター長「ゴールデンタイム」設置する ボイスプロファイラー
チャン・ヒョク(ム・ジニョク役)「ゴールデンタイム」チーム長
パク・ソンヒョン(シム・デシク役)後輩刑事
イェソン(オ・ヒョノ役)類い稀なハッキング能力を持つ警察官
ソン・ウンソ(パク・ウンス役)5ヶ国語堪能な警察官
キム・ジェイク(モ・テグ役)サイコパスなシリアルキラー


3年前のある夜、何者かに妻を惨殺されたソンウン地方警察庁の刑事ジニョク。ジニョクは、数々の難事件を解決してきた腕利きの刑事でした。妻を殺したと思われる有力な容疑者を逮捕しますが、無罪放免となってしまいます。それからは生きる気力をなくした状態で過ごしていました。

ソンウン地方警察庁の112番通報センターで働いていたグォンジュは、アメリカに留学して緊急通報の専門家になり、ボイスプロファイラーの資格を持って帰国しました。そしてソンウン地方警察庁の112番通報センター長に就任し、センター内に被害者の生存率を上げるために「ゴールデンタイム」というチームを設置することに決めたグォンジュです。そのチーム長にジニョクを抜擢します。
しかし3年前のジニョクの妻殺害の事件では、通報を受けたグォンジュが、容疑者の声は犯人の声と違うと法廷で証言していました。犯人を有罪できなかったのは、彼女の証言のためでもありました。また、グォンジュが、偽証をして金を受け取り、アメリカに留学したという噂もあり、ジニョクは彼女を恨んでいたので、素直に彼女の下で働くことができるわけありませんでした。

IMG_5023 
IMG_5035 
IMG_5029 
IMG_5021 

そんな時に、変質者に誘拐された女子高校生から助けを求める通報が入ります。救出することができましたが、それは聞こえるはずのない音が聞こえたグォンジュの言葉でした。7歳の少年が母親の虐待から解放できたのも彼女の耳の能力のおかげでした。難事件を解決しながら、ジニョクはグォンジュの耳の能力を信ずるようになります。

グォンジュも、ジニョクの妻が殺害された後に、警察官だった父親をひき逃げされています。でも彼女は、それは事実ではなく殺されたと感じています。その犯人を捕まえるためにアメリカに留学して経験を積んだのでした。「ゴールデンタイム」も父親の汚名を晴らすためでもありました。
ジニョクも、犯人が最初の容疑者だと信じ込んでいましたが、真犯人が別にいることがわかり、その真犯人はどうもシリアルキラーで彼女の父親の死とも関係していると感じ、グォンジュと真犯人を追い続けることに。。。


犯罪捜査サスペンスが好きな方には、きっとこのストーリー展開は面白いかもしれません。でも少々映像が残虐で、血なまぐさすぎるのです。韓国の映画ならばありうる映像ですが。児童虐待事件、変質者による拉致事件、臓器密売のために殺人精神病院事件などをちりばめながら、シリアルキラーを探し出す展開です。ただその事件現場、殺害現場状況があまりにもリアル過ぎるのです。なので19歳以上の閲覧可能になっていました。

voice0401553

次回に犯人が捕まるだろうという期待を残す感じのテンポで進みますが、それが結構歯切れが良くて、なんか見続けてしまいました。残酷な犯罪捜査の結果に期待を持って見るなんて。。。

ドラマの舞台は112番緊急通報センターです。人並みはずれた聴覚の持ち主であるグォンジュが、通報された電話の声から、その向こう側の隠れた音や声を察知し、それが事件解決に結びついていきます。斬新な設定ですよね。こんなこと行われているのでしょうか。

voice0301906 
IMG_5028 
voice0301162 
voice1200953a 

グォンジュとジニョクのラブラインは全然ありませんでした。あくまでも同僚でした。思わせぶりな関係よりスッキリで良かったですよ。

チャン・ヒョクさんのジニョク刑事は、熱血、猪突猛進タイプの刑事でしたが、グォンジュの正確な判断にはしっかり従っていました。ちゃんと彼女の力を認めているそんな関係が安心して見られました。アクションもすごかったです。でもやはり無茶な行動に出てしまう場面もありましたが、そこはグォンジュや同僚に抑えられていてバランスが取れていたのではないかな。というかスピーディーに場面が展開するので、こだわっていられない。

同僚に内通者がいて警察の動きがシリアルキラーに漏れていることに気がついているのですが、それが後輩刑事のシム・デシクでしたね。最後には一命は取り止めますが、シリアルキラーにバキバキにされてしまいます。鉄アレイで殴りまくるなんてぞっとします。

voice0701248

最後にサイコパスなシリアルキラーをやられたキム・ジェイクさん。

voice1001124 
voice0900029 
voice1600401 
voice1602567 

財閥の御曹司でサイコパスな殺人を繰り返す人物です。冷静な反面、狂気な顔を持つ殺人者を演じられました。
彼が適役だったという評価も見ましたが、個人的にはそんなに怖くなかった。「星から来たあなた」のシン・ソンロクさんの方が怖かった。
顔付き、歯茎をガクガク動かす口元というイメージはありましたが、サイコなイメージは感じなかった。
「君を覚えている」でのパク・ボコムさんのサイコな弟役の方がなんか幼さの残虐さを感じてぞっとしましたね。
彼が登場する前に、黒いカッパを着たイメージの時の方がずっと怖かった。

voice1401840

最後は、精神病院でサイコな医師と患者に。。。。なんかえっ。。で終わりました。予期しないエンディングでした。

voice1603452

SUPER JUNIORのイェソンさん、可愛かったですね。すごい能力でハッキングやデータ解析ができる警察官役でしたね。相棒のソン・ウンソ(パク・ウンス役)の彼女とはぴったりで、少しのラブラインもありで、この犯罪サスペンスの緩和剤でしたね。

voice1101138

サイコパスなシリアルキラーを、聴覚からプロファイリングしながら解決していくという斬新な犯罪サスペンスドラマでした。16話が、あっという間に終わってしまった感じでした。番外編は必要あったのかな?

voice1601254

とにかくチャン・ヒョクさんはタフで誠実な俳優さんです。こんなに立て続けにドラマに出るって、体力も気力も必要だし、日頃の健康管理もきちんとしていなる方だろうとご推察します。そんなチャン・ヒョクという俳優さんが好きですね。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE