My-Favoritestory-Annex

KILL IT-キルイット-の雑感

2515 views

KILL IT 全12話 (2019年 OCN)

「キルイット」は、頭脳明晰さと強靭な肉体を持ち合わせたアウトローの殺し屋の物語。とにかく暗い画面と暗い内容のドラマでした。チャン・ギヨンさんでなければ途中リタイしたいシーンばかりでした。

スタイリッシュな二人のアクションシーンはかっこよかったです…….

感想はサラリと。

このドラマの二人は、ともに養護施設育ち、親に捨てられた境遇でした。優秀な刑事役ト・ヒョンジン役(ナナ)は、その後裕福な家庭の養子となりますが、その父親が、とんでもない人間だったのです。キム・スヒョン役のチャン・ギヨンは、獣医として表向きは生活しているが、殺し屋に育てられた男という設定です。

財閥家で育ちながら刑事になる女と、殺し屋に育てられ、キラーとしてしか生きられない男の物語。とっても暗いです。

脚本:ソン・ヒョンス  演出:ナム・ソンウ /  アン・ジスク

キャスト

チャン・ギヨン=キム・スヒョン

ナナ=ト・ヒョンジン

あらすじ…………….KNTVより

幼い頃家族に捨てられたスヒョンは記憶を失い、ロシアで殺し屋のパーベル(デイビッド・マッキニス)に育てられる。成長したスヒョン(チャン・ギヨン)は明晰な頭脳と強靭な肉体を兼ね備えた最強の殺し屋となっていた。時は経ち、父親のような存在だったパーベルがアルツハイマー病を患い、スヒョンは引退を勧めるが、その矢先パーベルがマフィアのボスに殺害されてしまう。パーベルの仇を討ったスヒョンだったが、逆にボスの息子であるカリモフ2世(ロビン・ディアナ)に命を狙われることに。そんな中、任務を遂行するたびに自身の過去に関する情報を渡すと依頼人から取引を持ち掛けられ、任務のため韓国に帰国を決意する。韓国に戻ったスヒョンは昼は獣医・夜は殺し屋として、周囲と距離を置いて生活していた。一方その頃、麻薬密売の疑惑を着せられ行方不明になっていた流通会社会長が遺体で発見される。事件はスヒョンの手によるものだった。刑事のヒョンジン(ナナ(AFTERSCHOOL))は、特殊捜査チームに志願し捜査を始める。時を同じくして、ヒョンジンは偶然スヒョンの住む建物に引っ越すことになり、正体を隠したスヒョンと出会う。親を失い殺しを重ねるスヒョンと、孤児院で育ち養母の圧迫から逃れるように刑事になったヒョンジン。孤独な2人はいつしかお互いに特別なものを感じるようになるが…。


このドラマは、1話で、銃撃戦の場面なんです。よくわからないまま視聴開始です。これがOCNらしいというようですが。。
ナナさんは、『グッドワイフ」の時の方が生き生きしていたような気がします。あたりまえですね。殺し屋の物語ですから。でも流石に動きは機敏でスマートでしたね。
この二人、若いけれど世捨て人みたいな生き方なんです。生きているから生きているみたいな生き方です。そういう雰囲気は醸し出していましたね。

今回のチャン・ギヨンssiは、無表情な男です。というか殺し屋に育てられた男ですからね。人間的な感情なんて知らないまま育ったかもしれない。アクションシーンは足も長いし、身体は大きいし、身体で演技していましたね∩(>◡<*)∩   そういうシーンだけで満足していましたが。

一方財閥家ですが、人間味のないお金だけある世界で育てられた彼女は、自分の力で生きていく世界を望み刑事になったようですね。
そう二人は未来に希望のない若者です。

二人の悲しい宿命にも増してこのドラマで描かれる連続殺人事件の背景には、臓器売買が絡んでいたのです。二人が育った孤児院は、今は廃墟となっていましたが、そこに子供がいました。その子供たちは、養子になるために連れてこられましたが、それは真っ赤な嘘で、そこで臓器を提供させられていたのです。そしてそれを指示していたのは、彼女の父親でした。父親は、その臓器を権力者や金持ちに高額で売買していたのです。

また悲しいことに、彼は、この孤児院で88番と呼ばれていました。その88番の父親は彼女の養子先の父親でした。つまり彼女の父親は精子も提供して子供も製造していたのです。なんか気味の悪くてこのドラマは、12話で短かくて良かったという感じです。

臓器の密売、児童虐待および殺害の疑いでヒョンジンの父親の両手に手錠をかけたが、権力の頂点に立っていた彼は、拘束令状棄却ですぐに解放された。反省もなく子どもたちを消した証拠を除去しようとした。

これを知ったスヒョンは、ヒョンジンの父親の自宅に向かった。熾烈な格闘の末に彼の額に銃弾を命中させたが、スヒョンも現場にいた特攻隊員の銃に打たれ、命を落としてしまった。臓器密売スキャンダルは本格的な捜査が始まり、子どもたちは無事に救出された。

チャン・ギヨンssi、ジソブssiのキリッとした目元の雰囲気が似ていますよね。でも現代的な青年だとは思いますが。
「KILL IT」と「WWW」は同じ頃に日本ではスカパーで放映されていましたから、比べてしまいました。

最後は殺されてしまった、死んでしまったスヒョン、彼とのはかない恋を胸に秘めて生きていくヒョンジン。悲しい結末でした。

エンディングでは、たぶんスヒョンの夢、二人で幸せに笑顔で見つめ合うシーンが流れましたが、幸せにはなれない二人への最後のプレゼントだったのでしょうか。

無表情のチャン・ギヨンssi、やっぱり笑顔がいいです。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE