My-Favoritestory-Annex

1%の奇跡〜運命を変える恋〜

3825 views

1%の奇跡~運命を変える恋~ 全16話 (2016年 Dramax) ☆☆☆☆

演出 カン・チョルウ(「チョヨン~幽霊が見える刑事」「チョヨン2」)
脚本 ヒョン・ゴウン(「1%の奇跡(2003年版)」「恋人つくり」「輝くか 狂うか」)

キャスト
ハ・ソクジン(イ・ジェイン役)
チョン・ソミン(キム・ダヒョン役)
キム・ヒョンミン(ミン・テハ役)、イム・ドユン(チョン・ヒョンジン役)、キム・ソニョク(パク・ヒョンジュン役)、チェ・ソンジェ(チョン・ソヌ役)、ソ・ウンチェ(ハン・ジェヒ役)、チュ・ジンモ(イ・ギュチョル役)

脚本家がホームドラマとして書いた「1%の奇跡」

だから心に残るというより、なんかほのぼのと楽しくなるようなラブストーリードラマでした。
無愛想でツンデレな御曹司と平凡な小学校の教師の恋

1%の何か

欠点がなさそうにな人に一つでも短所が見えると条件が良くてもなぜか冷めてしまう。
逆に、短所だらけでも素敵なところが一つでもあれば恋に落ちてしまう。
あなたが知っているそんなジェインさんの魅力

1%の特別な何かが、誰かの99%の幸せになりうると
どうか特別な人生の1%の奇跡に出会えますように。

その前にあらすじをちょっと

キム・ダヒョン(チョン・ソミン)は小学校教師。
ある日、生徒たちを連れて野外授業に出かけていたところ、山で倒れている老人を見つけて助ける。

老人は大財閥ソンヒョングループの会長イ・ギュチョル(チュ・ジンモ)だった。

ダヒョンの優しさに感動したイ会長は自分の財産をダヒョンに譲ると言い出し、その条件として孫のジェイン(ハ・ソクジン)と結婚することを提示した。

ダヒョンと結婚しないと祖父の財産を受け取れないことになったジェインは、ギュチョルを説得して、条件を「6か月の真剣交際」に変更してもらう。

こうして契約交際を始めることになったジェインとダヒョン。
傍若無人な御曹司ジェインと平凡な小学校教師ダヒョンとの交際の行方はいかに? (HPから転載)


「運命を変える恋」という副題、なんかリメイクドラマ「運命のように君を愛す」と同じような感じで、恋愛ドラマを前面に押し出したんですね。中国放送を事前に見込んでの製作ということですが、納得ですね。大陸ドラマってとにかく恋愛が人生のすべてみたいな描き方が多いですし、強烈に悪い人が出てこない。2003年版は家族模様も描かれていて、ホームドラマという感じでしたが、リメイク版は完全なるベタベタなラブストーリー仕立てでした。だから「この運命を変える恋」も安心して二人の恋愛模様を堪能できました。

コストパフォーマンス的には、少し残念な役者さんがいられました。すいません。Dramaxというという知らないケーブルテレビ局でしたし、韓国ではモバイル版のほうが先行放送されたとか。

とにかくどうしようもないくらいの自己愛の塊の財閥のお嬢様。。元カノではなくて彼を追い回している、自分が彼を幸せにできるなんて思い込んでいるお嬢様。

ダヒョン役のチョン・ソミンさんは清楚で、自分の意思をはっきりと言える強さと聡明さを兼ね備えた小学校教師がぴったりでした。衣装も派手でもなく可愛くて、何よりもフラットシューズ履いているのが良かったですね。なんかすっとドラマの中に入っていけそうな雰囲気感を感じました。
「私の名前はキム・サムスン」時代のキム・ソナさんは平凡な役柄のために太られてその雰囲気を出した話は有名ですが、もし今太られてもあの役はもうできない。
あの素晴らしい8頭身のスタイルと女優歴を見せつけられたらから。チェ・ジウさんもそういう女優さん。だから彼女たちには平凡な役は似合わない、シラケてしまうのです。

このドラマは、財閥の男は嫌いという設定。平凡に静かに暮らしていきたいという彼女をどう振り向かせるかというのがポイントでもありましたね。
6ヶ月間という恋愛契約をします。どうしても主導権を握りたいジェイン御曹司、「ああしろこうしろと」と指示するのが好きな御曹司です。でももし、ダヒョンではなかったら、財閥のお嬢様であったら、こんなこときっとプライドが傷つくから最初からこんな契約しないでしょうね。プライドが邪魔をして恋愛が出来ない、人を愛せないお嬢さまを韓ドラではたくさん見てきましたね。

でもダヒョンは、素直に彼と向き合いました。そして彼の子供に対する優しい行動を見るにつけて、彼の身勝手な行動とは裏腹な彼の優しさに触れてしまいます。欠点だらけの男のちょっとした優しさに惚れてしまったのです。
彼女が素直に彼への好意を伝えると、彼はみるみる変わっていきましたね。彼女がいる場所が、ジェインにとっての安らぎの場所になってしまいました。

ジョイン役のハ・ソクジンさんは、大財閥の御曹司にはちょっと???という感じが個人的にはするのですが、頑固で冷徹だけど仕事はできるビジネスマン役はピッタリでした。今見ている「自己発光オフィス」でもそうですが、最初のあの冷たい傍若無人な態度から変化しすぎです。ツンデレがこの「1%の奇跡」2003年版でラブコメの「萌え要素」になったような気もします。
でも御曹司さんたちは、本当の姿は、頭は悪くないので彼女の本性を見抜ける特技があるのです。そしてその本性に恋すると急に甘えたり、優しくなったりする。。。ツンデレ
ハ・ソクジンさんも素敵にかっこよかった。契約恋愛の韓ドラも多いですよね。契約恋愛とか、どういうわけか同居するとか、ありえない想定外な設定が好きにならないと韓ドラは見れませんからね。

ラブシーン、キスシーンたくさんありました。でもなんか可愛くて安らぐラブシーン(笑)

ハ・ソクジンさん、チョン・ソミンさんの相性がとてもナチュラルでした。チャン・ナラさんのような雰囲気を持った女優さんですね。
なんかポキっと折れてしまいそうなか弱さと、芯の強さを持っているヒロインを演じられるような感じの方でした。笑顔も可愛かった。
こんな女性はほっとけないし、守りたくなる。そんなヒロインをガードしたハ・ソクジンさんでした。

でも、あのハ・ソクジンさんの衣装担当の方のセンスにはびっくり。お似合いのスーツもありましたが、「え!!!」のスーツも。。

これも韓ドラマジックの一つですね。

素敵なスーツシーン

ハ・ソクジンさん、きっととても優しくて真面目な方なのかもしれません。「悪さ」を秘めていない男性ってドラマだとときめかないみたいです。

契約期間が終了するときは、二人はもう完全に恋人になっていましたが、根が真面目な二人は、最初の契約にこだわります。ジェインは、財閥の妻は、財閥の妻としての役目が沢山あり、それをダヒョンに強いるのことができませんでした。お互いに納得して別れましたが、別れた後の喪失感の大きさに二人は困惑してしまいます。

ジェインは、やはりダヒョンを妻に迎えるべく決心します。
やっと「愛している」という言葉を告げます。彼女の人生を引き受ける覚悟をしたのですね。かっこいい!!!
愛があれば全て乗り越えるなんて甘い言葉です。現実的なジェイン、これが男です。

最後はハッピーエンド。。。

ダヒョンの笑顔に救われます。とても素直で可愛い。

こういうベタラブストーリーってやっぱりいいです。これが韓ドラ。。。と思っています。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE