My-Favoritestory-Annex

純情に惚れる/スンジョンに惚れた 

1512 views

falling for innocence

純情に惚れた/スンジョンに惚れた  Fallin for Innocence 全16話(2015年 jtbc)

チョン・ギョンホに魅了されたドラマでした。
ラブコメですが、相手役のキム・ソヨンさんとはどうもしっくり感じませんでしたが、冷血な企業人間のカン・ミノ(チョン・ギョンホ)が人間的に成長していくさまが面白かったです。
愛するスンジョン(キム・ソヨン)さんのためにふさわしい人間になろうとして古墳奮闘するする姿が、可愛かったです。

この物語では、黄色がイエロー、ひまわりの花が出てきます。これもなんかいいんです。
「コーヒープリンス1号店」でもひまわりの花がお店に描かれていました。なんかおおらかな幸せな気分になるのです。
falling for innocence1

ダークヒーローが、スンジョンの幼馴染みなのですが、スンジョンを愛するために、手に入れようともがきながら悪に手を染めるのです。その彼イ・ジュニ(ユン・ヒョンミン)は、カン・ミノの仕事も邪魔をして陥れようとするダークな人間なのです。

「スンジョンに惚れる」という題名にあるように、ミノもジュニも純情にスンジョンに惚れます。でもスンジョンは、賢く真面目だけれどもどうも恋愛に関しては不器用、鈍感なようです。それがこの物語を面白くさせたり、複雑させたり、男同士が暗く争ったりしてしまう原因になってしまったようです。

キム・ソヨンさんは、「検事プリンセス」のイメージがあって、ああいうコミカルな演技の中での恋愛の方が共感できます。
今回は、男が二人迫っていても、それをコミカルにもシリアスにも感じさせないヒロインキャラでした。

男のドラマとしてみるととても面白かった。

秘書のウシク(イ・シオン)さんとの相性もバッチリでした。御曹司と健気で、友達関係の秘書という設定は、韓国ドラマの定説かな。

もう一つのキーワードは、心臓移植です。

その手術で、心臓の提供者(スジョンの恋人)の心のメモリー、ハートのメモリーが、ミノに移植されてしまったのです。

生還したミノは、別人になっていました。
心の優しい、思いやりのある、感謝の気持ちを言葉に表せる人間になってしまいました。以前のような冷血で、傲慢で独善的な部分が消えてしまったのです。

そのハートで身体で、スンジョンに再会した時に、自分のハートがときめいているのを感じました。そのときめきが心臓のせいなのか、自分の気持ちなのかを試してみるのですが、彼の身体で、彼のハートで感じていると感じてからの行動は速かったです。企業戦士だからですね。

「あなた笑って」の彼が好きでしたが、この移植後のどこか抜けた彼も好きですね。

好きだから好き。
彼女がいれば幸せなんだから、彼女が欲しい。
すごくシンプルな行動に出る彼が面白くて可愛いです。
ダークヒーローの彼は、結局は自分の殻から抜け出せなかったのが、彼女を失った理由だと思うのですが。
男は、好きになったら、プライドを捨ててまずはアタックする勇気を持たないと絶対に女性には受け入れられないと思っています。

ミノは、プライドもかなぐり捨てて彼女に猛進した結果ですね。そんなこの物語が好きです。
falling for inncence2

このドラマは男の純情を描いたのでは?

秘書さんもそうでしたよね。

最後までプライドをすてられなかったジュニです。

キム・ソヨンさんは、なんか存在しないヒロインでした。男がこんなに健気なのに胸キュンしないヒロインって珍しい。
すごくさらりとした役柄でした。学校の大好きな先生みたいなヒロイン。

キム・ジョンホを堪能したドラマでした。

faaling for innocence10

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE