My-Favoritestory-Annex

ラスト・スキャンダル

823 views

ラスト・スキャンダル  Last Scandal  全16話(2008年 MBC)

フジテレビの韓流α枠で2010年5月6日から2010年5月27日まで毎週月曜から金曜14時7分 – 15時00分で放送されたのを偶然見たのが、韓国ドラマに嵌った慣れ初めです。

韓国の「冬のソナタ」時代は、仕事柄、韓国との取引があって、その影響で韓国嫌いだったのです。あの時代に戻れたら、きっと「冬ソナ」の聖地を訪れていたと思います。
2010年まで、駆け足で生きていたし、頑張っていたので、その糸がふっと切れた時に、韓国ドラマに深淵に落とされましたね。
何話から見たとかも覚えていませんが、見ていないのは、DVDレンタルしてみたのだと思います。

仕事を休んでいた時と重なりますのでの、まあ、韓ドラよく見ました。

その前は、アメリカドラマを見ていたのですが、どうもこれ疲れて疲れて。。。
「セックスアンドシティー」なんて全て見て、このアメリカ人の野獣的な要素についていけずにフェードアウト。
そんな時に、見てしまったのです。疲れてテンション下がっている時は、韓国ドラマのラブコメを見るべし。

scandal3

このドラマは主役のチェ・ジンシルさんの遺作となった作品です。
後になって知ることになりましたが、本当にお子さんを置いたまま自殺するなんて、どんな苦しいことがあったのか。
韓国社会の「闇」を感じます。ここまで追い詰められたのは、何なのか?
その後離婚されたご主人、弟さん、マネージャーさんも自殺されました。

このドラマがジンシルさんの出演で最高作品だという記事を読みました。

亡くなってしまったのは本当に悲しいことですが、遺作が名作だと評価されるのは役者として素晴らしいことです。

あらすじは、この動画を見ていただければ、わかります。

チョン・ジュノ氏は、かっこよかったですね。

こんな素敵な男性が韓国にいたのかって、信じられません。
今でも、ドラマの俳優さんたちは、どこにいるのだろうかなんて思ってしまいますものね。韓国に行っても(笑)

ドタバタコメディではあるのですが、優しさと思いやりに溢れているドラマでした。
ジンシルさんとジュノ氏のケミがとても合っていたのが、このドラマが名作と言われるゆえんかも知れません。
ラブコメは、とにかくヒロインとヒーローの醸し出す雰囲気が全てだと思っています。

ジュノ氏演ずる、ソン・ジェビンorチャン・ドンチョルの初恋の相手が、ジンシルさんの演ずるソニ。

ジュノ氏は売れている俳優さんを演じました。
かたや、ジンシルさん演ずるソニはただの頭チリチリパーマのおばさんになっていました。

scandal4

どちらにも心の傷があるのですが、それをお互いが慰めたり、見続けたり、励ましたりしながら、愛を育ていくのですが、男はやはりいくつになっても、「初恋」からは抜け出せない種族らしい。

最初から、ジュノ氏は、愛ある行動していますからね。それを自覚するまでの時間の経過をドラマで描いていましたよね。

scandal5

ジンシルさんは、おばさん化した女性ですから、現実的に生きています。
もう「恋」とか「愛」よりも生活できることが重要なんです。

このバランスの中でこのドラマは展開されていきますが、とにかく癒されました。

でも、女はいくつになっても一人の男のマドンナであったら、人生楽しいですよね。

生きていることを、生きることを誰かに認めたもらったり、感じたりしてもらわなければ、虚しさだけと思う。

ジンシルさんは、女優として、母として、女としてどこに虚しさを感じたのだろうか。

このイ・ウンミさんの歌う「恋人がいるの」は、良かった〜心が洗われました。

私の中での評価は5です。
このドラマに出会わなければ。。。。助けられました。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE