My-Favoritestory-Annex

グッドキャスティング   見終わっての感想

956 views

グッドキャスティング Good Casting 全16話(2020年 SBS)

シリアスなドラマばかり見てきて、きっと息抜きしたいと思ったからでしょう、視聴完了しました。

苦手な女優さんチェ・ガンヒさん主演のドラマでしたが、国家情報院の女性要因が活躍する明るいアクションコメディ。イメージポスターも派手ですね。

脚本:パク・ジハ    新人の作家さんですね。
演出:チェ・ヨンフン 「上流社会」「最後から二番目の恋」

あらすじ………..

国家情報院の伝説のエージェント、ペク・チャンミ(チェ・ガンヒ)は最高の実力に最悪の性格で有名だった。ある作戦遂行中に、共に犯人を追っていた部下のミンソク(ソンヒョク)が命を落とし、その上犯人も逃してしまう。時を同じくしてミンソクの妻で国家情報院デスク勤務のイェウン(ユ・イニョン)は一人で娘を出産する。それから3年後、ミンソクの復讐を誓ったチャンミは事件と関係があるとみられるイルグァンハイテックの代表秘書室に潜入捜査することに。新たにチームを組むことになったヘウンがインターンを装い、ベテラン要員のミスン(キム・ジヨン)は清掃員に偽装しそれぞれイルグァンハイテックに潜入する。だがイルグァンハイテックで代表取締役を務めるソクホ(イ・サンヨプ)はかつてチャンミに想いを寄せていた人物だった。ソクホとの再会に動揺するチャンミ、慣れない現場でミス連発のイェウン、そして関節炎に悩まされるミスン、凸凹女子3人の壮大な機密ミッションが今始まる! (KNTVより)

行動力アクションと引率力担当要員、ペク・チェンミ(チェ・ガンヒ)、頭脳派要員、イム・イェウン(ユ・イニョン)、コスプレ担当潜入捜査担当要員、ファン・ミスン(キム・ジヨン)この3人が、おばさんチャーリーズエンジェルの様に活躍するドラマ。

国家情報院のメンバー

イ・ジョンヒョク=トン・グァンス 作戦を指揮する保安チーム長。かつてチャンミと交際していた過去がある。

チェ・ガンヒ=チェ・チャンミ(38歳という設定)
元恋人のトン・グァンス(イ・ジョンヒョク)とチャンミに片想いしていたユン・ソクホ(イ・サンヨプ)との関係は?

ユ・イニョン=イム・イェウン(28歳という設定)、要員だった恋人が作戦中に死亡する。その真相を解明するためにチームに参加。恋人との子供を育てるシングルマザー

イ・ジュニュン(U-KISSジュン)=カン・ウウォン、モデル出身のスーパースター(29歳という設定)、イェウンに惹かれる。

キム・ジヨン=ファン・ミスン(48歳という設定)  働きの悪い夫と高校生の娘がいる。

イツグァンハイテックの関係者

 

イ・サンヨプ=ユン・ソクホ イルグァンハイテックの代表取締役社長(35歳という設定)、15年前の学生時代に、家庭教師だったチャンミに片思いしていた。

ホ・ジェホ=ビョン・ウソク 社長秘書ですが、肉親のいなソクホが唯一、気を許せる存在。二人のブロマンスに笑えました。

イルグァンハイテックを乗っ取ろうと
ウ・ヒョン=ミョン・グチョル  専務

イ・サンフン=タウ・サンギ 企画本部長・ミョン専務の部下で汚い仕事をする男

キム・ヨンヒ=オク・チョル 研究所部長

チャ・スヨン=シム・ファラン ソクホの元妻、 LKエステティックのオーナー、お金に不自由しない財閥企業のオーナー

チョン・インギ=ソ・グクファン

国家情報院の局長・チャンミの上司ですが、ミョン専務らと繋がっている。権力の座にしがみつく男。この方、お父さん役も多かったように記憶していますが、確か「熱血司祭」でも悪い警察署長やってましたよね。「医師ヨハン」でも刑務所の所長役やっていたけれど……

ドタバタアクションコメディドラマですが、ちょっとだらしない弱めのナムジャ、二人に惹かれました。イ・サンヨブssiとイ・ジュニュンssi。

強ーい姉御に惹かれてしまい、その彼女を守ろうとするナムジャに。

もう一人、社長秘書のウソクに扮するホ・ジェホさんも可愛かった。最後は殉死でした。

お色気と笑いを醸し出しながら素敵なボディで迫る3人の美女探偵が、チャリーズエンジェルでしたが、韓国版チャリーズエンジェルは、色気はないけれど、パワーと母性本能で迫る3人の姉御軍団でした。

チェ・ガンヒさんは、チソンさんと共演された「ボスを守れ」、チュウォンさんと共演した「7級公務員」を視聴したのを覚えています。「ボスを守れ」では、やはりダメなボスをしっかり支え、彼を一人前のボスに仕上げました。「7級公務員」では国家情報院で働く7級の資格の公務員でした。面白かったのを覚えています。彼女は、「推理の女王」でも活躍され、この様な犯罪捜査アクションドラマに向いている女優さんなのでしょう。
お身体も、しっかり維持されていて素晴らしい。

ユ・イニョンさんは、「仮面」のイメージが強く、気の強いお嬢様役のイメージがありましたが、この様な可愛らしい役も素敵でした。イ・ジュニュンさんとの爽やかなロマンスも可愛くて胸キュンな感じでした。声がとっても可愛らしく聞こえる時があってハッとしました。

キム・ジヨンさん、初めてでした。体重を増やして役作りされたとか。かわいいおばさんがピッタリでした。

イ・サンヨプssi、実際の年齢は、37歳なんですね。もっとお若く見えました。なんとなくお見かけしていた様な気がしますが、出演作品を検索して見たドラマは、「あなたが眠っている間」「チャン・オクチョン」だけで、どんな役柄だったかも覚えていませんでした。秘書とのブロマンスは可愛かった。

こういうスパイアクションもののドラマって勧善懲悪の結末は難しい世の中になったのですね。謎の組織、ホワイトカラーに雇われて働いたマイケル(オク・チョル 研究所部長)も殺されて、Mのタトゥーを入れた男達もわからないままドラマは終わってしまいました。「バガボンド」もそうでしたが、謎を残したまましか追われないのでしょうね。謎の組織というミステリアスさを残して記憶に残そうということなのでしょうか。

期待して視聴しましたが、後半は失速しました。おばさんポサを出した、3人組の女性エージェントの活躍を描きたかったのでしょうが、そんな彼女たちを愛するちょっと頼りない男とのロマンスで、盛り上げたかったのでしょうが、どちらにもあまり嵌れなかった。

あのオク研究所部長・マイケルのサイコぶりもなんか………………

悪役の方々の悪の部分の描き方が、単調なような気がしてしまったのも残念。 チェ・チャンミと元カレのトン・グァンスという設定、必要あったのかな?

こんな仕事をしている女性が子供を育てるのも理解できないし、家庭生活をしているのも無理だと思うし、ましてやハイテク企業の社長さんや、有名なタレントと恋愛するなんて考えられない。あり得ない設定のドラマだから面白いと言う評価を得るにはちょっと無理を感じた「グッドキャスティング」。

ファンタジーアクションコメディドラマでした。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE