My-Favoritestory-Annex

ドクタープリズナー ナムグン・ミンssiの演技に拍手👏

2440 views

ドクタープリズナー Doctor Prisoner 全16話(2019年 韓国KBS)

最初に、感想は、ナムグン・ミンssiの俳優としての素晴らしさを礼賛したくて書きましたので、ドラマの内容や感想は簡単です。

キム・ナムギルssiの「熱血司祭」とKNTVで同時視聴となってしまい、感想がどうしても対比してしまいます。

「熱血司祭」と「ドクタープリズナー」は、どちらも爽快さと緊張感を視聴者に与え続けたドラマでした。「熱血司祭」は+ドタバタ劇の面白さを、「ドクタープリズナー」は+スピード感とメディカル的な面白さで唸らせる内容になっていましたね。

人々が信頼をおく地位にいる司祭がダークヒーローに、医師がダークヒーローで登場するという設定、どちらも善良な人間がある事件・事故をきっかけに、ダークヒーローになってしまったという伏線も面白さがアップした要因かもしれません。

「ドクタープリズナー」は、エピソードがそれぞれ複雑な上に、スピード感もあり、そのスピードがダウンすることもなく最終話に繋がっていったのがすごかった。

司祭という神=善、権力者=悪という構図で描かれた「熱血司祭」

権力+財力+システムを持った男=神と「病を治す」医師が「病を作り」、その手段で神を追い詰めていくという構図の「ドクタープリズナー」

あらすじ…………………..

テガン大学病院に勤務する外科医のイジェ(ナムグン・ミン)は優秀な腕を持ち、患者を第一に考え周囲からも信頼されていた。ある夜、交通事故に巻き込まれた妊婦を救うため緊急手術を行うが、事故を起こした張本人であるテガングループ常務のジェファン(パク・ウンソク)から目をつけられ、病院を追われてしまう。

それから3年後、麻薬所持で逮捕されたジェファンは刑務所への移送中に交通事故に遭う。そこに現れたのはイジェだった。復讐のためイジェは壮大な計画を胸にジェファンが収監される西ソウル刑務所の医師=ドクター・プリズナーの座を狙う。そこには“刑務所の王”と呼ばれる刑務所医療課長のミンシク(キム・ビョンチョル)やジェファンの義理の兄でテガングループ後継者のジェジュン(チェ・ウォニョン)らの思惑が渦巻いていた。

一方、精神科医のソグム(クォン・ナラ)は刑務所に収監された後に行方不明となった弟を探すため、奉仕医師として西ソウル刑務所にやってくる。そこでイジェと弟がかつて刑務所内で出会っていた過去を知り…。

演出:ファン・イニョク

脚本:パク・ケオク

キャスト

ナム・グンミン=ナ・イジェ テガン大学病院救急センターの医師
キム・ピョンチョル:ソン・ミンシク 西ソウル刑務所の医療課長
チェ・ウォニョン=イ・ジェジュン テガングループ会長の長男

クォン・ナラ=ハン・ソグム テガン大学病院精神科医
イ・ダイン=イ・ジェイン テガン病院法務チーム長・テガングループ会長の後妻の娘
キム・ジョンナン=オ・ジョンヒ 殺人教唆の罪で服役中の財閥夫人

パク・ウンソク=イ・ジェファン テガングループの常務・テガングループ会長の後妻の息子
チャン・ヒョンソク=チョン・ウィシク 中央地検の刑事部長
チン・ヒギョン=モ・イラ テガングループ会長の後妻・テガン大学病院の理事長

イ・ジェニョク=コ・ヨンチョル 西ソウル刑務所の医師


救急医療に従事していたという判断能力のある医学知識とテクニックを持ち合わせた医師ナ・イジェと財閥との復讐劇です。 

ナムグン・ミンssiの新たな魅力を存分に発揮させ、有終の美を飾りましたね。

彼のドラマで覚えているのは、「ある素敵な日」「私の心が聞こえる」「匂いを見る少女」「美女コン・シム」「キム課長」

「匂いを見る少女」ではサイコパスなチェフを「私の心が聞こえる」では身勝手な寂しい男をそういえば「ロマンスが必要3」でも頭が切れるけれど、冷たい男を演じていました。どの役柄もエゴが強い自意識過剰な男たちを。。。

それが「美女コン・シム」で「こんなナムグン・ミン見たことがない」状態。あのコミカルな演技で彼は今まで見せたことのない笑顔を披露させました。

真面目な顔とあの笑顔のギャップがなんともいえません。

あの医学用語や面倒くさい薬品名などのセリフをあんなスピード感のある流れで、演技していくなんて狂気の沙汰にしか思えない!!!

大きな構図は、やはり財閥のワンマンさで、善良な人間がどんどん窮地に追い込まれていき、そして追い込まれた時に手を差し伸べるふりをするのが財閥のやり方ということです。その結果、罪を被るのも全て力のない人間たちなのです。

テガングループのイ・ジェジュンは自分が財力と権力とグループの強大なシステムによって人を意のままに操れると思っている男。神だと思っているらしい。

ソン・ミンシク刑務所の医療課長は、刑務所の服役囚を意のままに操り、それで財力と権力を欲しいままにしている男。

このドラマで刑務所の服役囚を嘘の病気で刑の執行を免れさせたり、反対に病気を重くさせて死に至らせたりできる刑務所として描かれているのには驚きました。
検視が入っても、わからないようにする為には高等な医療知識が必要であり、それができる医師が存在するということも。
韓ドラだからということではなくて、なんか韓国の現実を感じてしまいます。財閥は服役してもお金があれば、優遇されるという…..

この二人が手を組んで、イ・ジェジュンはテガングループの会長の座を、ソン・ミンシクはVIP病院の院長の座を。
イ・ジェジュンは、その膨大な権力で、ナ・イジェを追い詰めていきます。

刑務所を舞台にしたドラマってあまり好きではない。「刑務所のルールブック」でさえ見ていません。撮りためてはいるけれど。
なんでかな〜

このドラマに惹かれたのは、きっとメディカル的な要素がとても精査されていて非常に現実感があったということ。
財閥の権力との戦いを刑務所内で、取引する相手が、医療課長であったということです。
刑務所という閉ざされた世界で、その中で君臨する医療課長の絶大な権力と、財閥の権力との戦いの凄まじさがとっても現実感があったからかな〜

こんなに人間の身体が、操れる医療の力にも怖さも感じながら…..

ハンチントン病という遺伝病さえ出てきて….

ナ・イジェが復習する相手が、彼が復讐しようと思った相手のバックであったということを知る過程のエピソードが丁寧にかつスピーディに描かれているのがとにかくハラハラしながら視聴できた理由です。

テガングループのイ・ジェジュンを演じたチェ・ウォニョンssiの孤独感、絶望感からくるあの破滅的な行動は寂しすぎます。
俳優陣がとにかく素晴らしい演技力と活躍で、人間の業の怖さも感じるドラマにもなっています。すごいです。

殺人教唆の罪で服役中の財閥夫人を演ずるオ・ジョンヒさん、刑事部長を演ずるチョン・ウィシクさんもテガングループに操られそうになりますが、ナ・イジェ側につきますね。正義ではなくて、財閥を倒したいからかな〜なんて感じましたけれども。このドラマ真実とか正義とかを振り回していないのです。そこがなんとも複雑なドラマでした。

テガングループの娘と息子、自分達の利益のためにナ・イジェに協力します。全て自分達の利益が成立すればいいのですが、それをうまく操れた方が勝つ戦いをナ・イジェが制したのです。頭脳戦!!そこが面白かった💓

その中で、ナムグン・ミンssiは、先輩俳優陣の方々と肩を並べて、素晴らしいドラマとして終了出来てきっと満足されているのでしょうね。

なんか線の弱い、サイコパス的な雰囲気だと感じていたナムグン・ミンssiでしたが、すごい俳優さんだったんだ〜と改めて認識させられたドラマでした。

メディカルドラマとしても、ナムグン・ミンssiを見たい方々にも満足できるドラマです。

ナムグン・ミンssi「ロマンスが必要3」の時の歩く姿が、とても痛々しかった。後で知ったのですが、背骨に何か痛みのでるお身体だったようですね。今回は、身体全体が動いているお身体で安心しました。筋トレもいいけれど、固めてしまってはね。(余談でした)

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE