My-Favoritestory-Annex

賢い医師生活  〜エンターテイメントなドラマ

1262 views

賢い医師生活 Hospital Playlist 全12話(2020年 韓国tvN Netflix)

医師達の日常を描いたドラマ

Netflixより

新たな命が生まれ、今ある命が終わりを迎える病院という場所で、患者たちとともに生きる5人の医師。そんな彼らの毎日は、どの瞬間も平凡なようでちょっと特別な毎日

監督インタビュー記事より

スケールが大きいわけではないが、温かく軽やかだが、ずっしりと心を満たしてくれるドラマであって、感動ではなく、共感してもらいたいつまり、人が生きる、そういう物語ということ 

この企画意図が納得できる作品に仕上がってて、なんかとっても優しい雰囲気を感じながらも面白さもあって素晴らしいドラマでした。毎回ウルッと涙するシーンも盛り込まれ、優しく共感できるドラマでしたね。そうだよね〜という気持ちになるドラマでした。

シン・ウォンホPDが、語られていたように、感動ではなく、共感の物語とはこういうドラマだったのか。
医師の生活は、普通のサラリーマンとは違うけれど、その医師達の日常を素朴なストーリーで描きたかったのかと感じました。

ジャンル分けすれば、医療系ドラマでしょうが、病院という限られた空間の中で、そこに働く人間とその人間の生活を描いたドラマであって、そこに働く医師は、経営権や、教授の椅子を狙って争う野心あふれる医師でもなく、「医師ヨハン」のような神の手のような手術ができる医師でもなく、「浪漫ドクターキム・サブ」のように「医師の生き方」を説く医師もいない。ただ、人間として「愛」を求める医師と「最善を尽くします」という一言が言える医師たちの姿を描く事なのです。

医者がなぜ曖昧な事を言うのかわかりますか。医者は責任を取らないといけない。だから言葉には気を付ける。医者が患者さんに自信を持って言えるのは「最善を尽くします」この一言だけだ

ストーリーは、大きな展開があるのではなく、毎回、なんかじんわりとくる患者さんとのエピソードや、医者同士の毎日繰り返されるエピソードが盛り込まれて、それになんか引き込まれ、共感しながら、うるっとときたり、クスッと笑ったりできるドラマでした。

患者さんの家族を見ていると、韓国の社会生活や、家族関係が、なんか日本とは違うな〜と感じるシーンが多々ありました。きっと韓国語がわからないのでそのシーンの背景や、制作者の考えを理解できないような気もしますが、仕方ありませんよね。

でもこのドラマで何度も出てくる肝臓・腎臓などの臓器移植手術のシーンはすごくリアルでしたし、胸部外科での赤ちゃんへの移植シーンもリアルでした。臓器移植、誰かの死によって、誰かの命は救われる医療現場、その中で最善を尽くす医師たちの喜び、悲しみと、命を繋げられた患者と、命を落としてしまった患者さんの家族の悲痛な慟哭も丁寧に描かれていました。医療で人の命を守る仕事をしている現場の医師たちの葛藤と悩み、苦しみが伝わってくるのは、今、「コロナ感染症」でもっと厳しい医療体制の中で働き続ける医療従事者の方々への感謝への気持ちへとオーバラップしました。

このドラマの医療ドラマと異なるところは………
  • 素敵な演技力のある俳優さん達の共演とエピソードの中でバンドの演奏シーンがある。
  • 医師達が、医局やお店で食べる韓国フードがとっても美味しそうでした。
  • 医師達のラブライン(お相手探し)が後半は気になりました。
「応答せよ」シリーズの制作陣と、今回はメインキャストが実力派の方々なのでどんな作品なるのか興味湧きました
  • 監督:シン・ウォンホ
  • 脚本:イ・ウジョン
  •  応答せよ1997(2012)/ 応答せよ1994(2013)/ 応答せよ1988(2016)/賢い監房生活(刑務所のルールブック 2017)

ここに登場するメインキャストの医師5人は、1999年にソウル大学医学部に入学した同期生。現在40歳を迎える彼らはいまだに仲間として付き合っている。担当する医療の科は違うけれども、ある約束で同じ病院で働くことになる。

キャスト、左から

  • ユ・ヨンソク=アン・ジョンウォン
  • チョン・ギョンホ=キム・ジュンワン
  • チョ・ジョンソク=イ・イクジュン
  • チョン・ミド=チェ・ソンファ
  • キム・デミョン=ヤン・ソクヒョン

メインの4人は、もう韓ドラではお馴染みの演技力のある俳優さんばかりです。チャン・ミドさんは、ミュージカルではとっても有名な方とか。
監督さんがコメントされているように、40歳という設定で無名の俳優さんを探すのが難しかった。また、5人がそれぞれ担当する科に、さらにスタッフがたくさんいるので、ランドマークとなる5人の知名度がなければ、視聴者にとってもわかりにくい作品になるのではないかと心配した。

これは正解でした。12話見ても、名前が覚え切られなかったですし、スタッフの方達は、なんかみんな若いけれど同じ顔に見えてしまったし、5人だけはどこの科の医者ということだけは、わかりましたから。

始まりは…………………………..

1話で、ジュンウォンの父親でユルジェ病院を運営するユルジェ財団の理事長が病気で亡くなる。ユルジェ病院の病院長の息子だったと言うことが、病院長のお葬式で他の4名が知ることになります。20年来の友人同士でも知らなかったのです。ちょっとえ〜ですが。
理事長の息子であったジョンウォンは、父親が亡くなったことでその座を相続するのではないかと思われていたが、医師を続けることを決め、理事長の座を譲る変わりにユルジェ病院のVIP病棟の収益や決定権など全てを自分に渡すよう副理事長に交渉する。同期4人をVIP病棟の医療スタッフにスカウトしようとするジョンウォンですが、給料・年俸2倍の条件に3人はすぐにサインしましたが、ソクヒョンだけは、渋っていましたが、学生時代にやっていたバンドの再結成を約束に、スタッフに加わることになります。

学生時代にバンドを組んでいた5人だが、大学病院の教授となった現在は、忙しくてそんな時間もないと言うソンファとジュンワンでしたが、イクジュンはその条件を承諾し、5人は、バンドを結成し練習に励み始めます。こんな感じでドラマは進行します。

このユルジェ病院、「医師ヨハン」での病院と同じでした。「梨花イファ女子大学ソウル病院」なんですね。素敵で豪華な建物ですね。

ドラマでの役柄を交えてキャスト紹介をしていきます。
ユ・ヨンソク演ずるアン・ジュンウォン小児科医

子供たちに丁寧に優しく治療する、カソリック信者のお医者さんです。ただ、優しすぎて子供の命が消えてしまうと、酒を煽り、兄の神父に愚痴をこぼしてばかりいます。医師の仕事も奉仕と考えている心の優しい男を演じていられます。
兄の神父、ソン・ドンイルさんがカメオで出演されています。彼以外の兄弟が全て神の子、聖職者になっているのですね。そして皆様、どこかで見た方々ばかり。。。豪華ですね。でもソン・ドイルさんが息子じゃ、なんかお母さん役のキム・ヘスさんが可哀想な気もします。
彼は、神父になるのがこれからの夢のようですね。シーズン2ではどんな展開になるのか?

後になってわかるのですが、1週間で1000万W以上の入院費がかかるVIP病室、ジュンウォンは、その収益を、手術費が払えない子たちの治療費に充てようと考えての行動でした。そう彼が「あしなが伯父さん」だったのです。

チョン・ギョンホ演ずる胸部外科医キム・ジュンワン

患者さんにもスタッフにも厳しくて冷たい医師の様に見えますが、忠実に医者の基本を守る男です。患者さんの病状を説明するのは、あくまでも患者さんの肉親だと。20代の若い夫婦への偏見を持たずに接する態度や、陰で患者さんの娘さんの結婚式にわざわざ出向いたりと口は悪くて冷たい様に見えても心はとっても温かい医師です。

この角度のお顔、なんかイ・ドンゴンssiに似ていられますね。年齢もちょっと若いくらいなんですね。すごく痩せられたので大丈夫なんでしょうか?

キム・デミョン演ずるヤン・ソクヒョン、産婦人科医です

マザコンで、ゲームアニメが好き。彼の場合は、両親の不仲が、母親を大事にする様になってしまった様です。父親は、愛人を作って家を出てしまっていますが、母親は絶対に離婚はしないと。その父親は大企業のオーナーの様ですが。そんな両親の間に挟まって生きてきた男です。母親に決められた相手と結婚するが、バツイチになってしまっています。彼もただノルマの様に産婦人科医の仕事をしている様だと同僚に思われていますが、本当は、ちゃんと心配りもできる医師でした。

紅一点の女医、ニューフェース、チャン・ミドさんが演ずるチェン・ソンファ、神経外科医です

知的な雰囲気がぴったりです。女性教授のエースの様ですが、よく働き、患者さんにも丁寧で非の打ちどころのない医師の彼女。手術の時間は、尋常では考えられないくらいが当たり前の様ですね。男性の4人のメンバーのことは口に出さずとも静かに見つめて見守っている鬼神の様なソンファ。彼女が乳癌かと言う疑いを持った時も冷静にイクジュンだけには相談しましたね。でも良性の肉腫ということで良かったですが。彼女は頸椎ヘルニアの既往症になっています。なので、分院に移動して静養しながら医師を続けるのでしょうね。この5人の医師たちは、上司としてもすごく細かに目配りをして後輩を育てています。そういうシーンが本当に些細な毎日の一コマにすぎないのでしょうが、ジーンときてしまいます。
趣味が、アウトドア派の彼女、雨の日でもキャンプに出かけて行きます。そんなに彼女を駆り立てるのは何故なのか。

最後に、チョ・ジョンソク演ずるイ・イクジュン、肝胆膵外科医

チョ・ジョンソクssiが演じたイクジュン、とにかくユニークな男でした。秀才or天才なのでしょうが、このドラマの中心人物の医師です。恋もしっかりしているし、結婚もしたし、息子もいて、このユニークさ。

1話の最後にやっと登場、そしてそのお姿は、ダースベーダー。すごいリアクションですよね。

どうやらシングルファーザーの様でしたが、本当に離婚してシングルになってしまいました。
成績は医大でも主席入学、主席卒業という素晴らしい頭脳の持ち主です。まあ、本当に能力のある人は授業時間の間に頭に入ると言いますからね。
遊びも大好きの様ですし、このドラマではコスプレやら、変な踊りを踊ってコミカルな部分を全て引き受けた感のある演出でした。

元カノ役でコ・アラさんがカメオ出演されていました。モテるんですよね。
「嫉妬の化身」でも最後のシーンはびっくりしましたが、本来のお姿だったのかも。どうしても最初の「キング〜TWO Heart」のイメージが強すぎて…..
この5人の仲間の要の人物であることは間違いありません。ひとり既婚者であったせいもあるでしょうが、仲間の恋愛問題にも突っ込んでいましたから。

最愛の子供ウジュ、仕草の可愛い男の子ですね。

気になる恋の行方は………..シーズン2に向けて一番気になる恋の行方です。
ジュンワンとイクジュンの妹イクスン(クァク・ソニョン)38歳陸軍少佐

仲間であっても恋は人それぞれです。ジュンワンは、秘密の恋をしたいタイプのよう、というかきっと恋多き男性だったようですので、秘密にしておかないと外野がうるさくてその恋に集中できなかったからかなと思っています。それもイクジュンの妹ですから。とっても冷静な医師ですが、恋には情熱的で、そのギャップがたまらないです。このドラマの中で一番好きなタイプですね。でも彼女は優秀な軍人でイギリスへ行ってしまって、遠距離恋愛をすることになります。彼女の意志を尊重してのことでしょうが、これからどうなるのか気になります。

イクジュンとソンファ

バツイチのイクジュンと紅一点のソンファの関係はどうなるのでしょうか。友情から、愛に発展するのか?イクジュンは、気持ちを伝えて終わりになってしまいましたが、どうなるのか。学生時代もイクジュンは、ソンファに好意を抱いていた様ですが。アン・チホン(キム・ジュハン)38歳イクスンと軍同期レジデント3年生もソンファのことは「好きだ」とはっきり公言し、元軍人らしく行動もテキパキして押していましたから。アン・チホン医師がソンファの心を捕まえることができるのか?イクジュンなのか?  期待を膨らませますよね。

ジョンウォンとギョウル(シン・ヒョンビン)29歳

ジュウォンは最後の最後で「えええ〜〜‼️」の展開でした。ギョウルがジョンウォンを好きなことはわかっていましたし、イクジュンもキューピット役をしていましたから。でもジョンウォンは、「神の子供」になることとを諦めてギョウルとのキスをしたのでしょうか? ギョウルは、肝の座った女性だと思いますよ。あのウジ虫のついた患者さんの足を冷静に処理するのですから。でもあのウジ虫、リアルでした。

 

ソクヒョンとミンハ(アン・ウンジン)34歳産婦人科レジデント2年生

バツイチでマザコンのソクヒョン、そんな彼にも恋の予感が….  ミンハ医師は、年下の恋人もいたし、あの濃い変なお化粧もするちょっとミーハーな感じのレジデントだと思っていていましたが、段々、ソクヒョンの影響からか、まともな女性に変化してきましたね。ソクヒョンは、優しくて温厚な人間だから、誰も傷つけたくないのでしょうね。でもここにも韓ドラの特有の母親が登場です。母親の愛情を無理強いする気の強い母親とそれに逆らえない息子という構図が。

でも、ソクヒョンは、学生時代に、ソンファが好きで、告白していたのですよね。でも他に好きな人がいるって断られましたが。いったい誰だったのか??

バンド「ミドとパラソル」の5人の演奏シーン

チョ・ジョンソクさんとチャン・ミドさん、ユ・ヨンソクさんは、ミュージカル俳優さんだから、歌は全然問題ないでしょうが、チャン・ミドさんのソンファは、音痴の役柄だったそうですね。でもあんなに音程の安定した音痴の方なんていませんよ。全員楽しそうに演奏されていて、見ている私達も気持ち良かったです。皆さん楽器は猛特訓されてマスターされたようですね。全然そうは見えなかった。韓国の俳優さんは、エンターティナーに徹している方々が本当に多い。コツコツと努力して勉強されているのでしょうね👏

この医師は、返済が完了して普通の生活に戻れるのでしょうか。

あのキム・ガブスさんが悪役ではなくて良いおじさん役でした。ジョンウォンの母親と微笑ましいカップルでした。

カメオ出演されたそのほかの方々……

毎日の病院での出来事を、淡々と受け止めて背一杯尽くす医師の姿と、患者さんたちとの触れ合いは、医師にとっては、小さな出来事に過ぎないかもしれませんが、患者さんや、家族にとっては一大事です。そんなシーンを一つ一つ大事に撮影されたエピソードばかりで心が温まりました。一番感じたのは、こんな医師の下でレジデントをしている医師は、またきっと彼らの様な医師になって、患者さんや家族に優しく丁寧に医療に尽くしていくのだろうと。こういう環境で働ける医師はある意味幸せだと。「浪漫ドクターキム・サブ2」の様に、働く環境があの状況では、医師は、病院存続にも貢献しなければならないから。

シーズン2への期待が膨らみます。やはり、キャストは変わらずに次へのステップが見られるドラマでないと面白くありません。「浪漫ドクターキム・サブ2」は、個人的には、がっかりしながら視聴しています。

 

今までの医療系ドラマをちょっと仕分けしてみました。

前にも書いたのですが、「メディカルドラマ」として描かれる医師は、野心と欲望が強く、地位や権力を手に入れたがり、「ヒューマンメディカルドラマ」の医師は、「寄り添う、和らげる」ように患者に寄り添いながら治療にあたる人間味あふれる医師のように描かれると感じます。

今まで視聴した医療系ドラマで、
「ドクタープリズナー」「白い巨塔」「メディカルトップチーム」「ブレイン」➡️ メディカル系
「医師ヨハン」「ビューティフル・マインド〜愛が起こした奇跡」」「浪漫ドクターキム・サブ」「病院船」「ニューハート」➡️ ヒューマン系

「ドクターズ〜恋する気持ち」「グット・ドクター」「太陽の末裔」「外科医ポン・ダルヒ」「ドクター異邦人」➡️ 医師とのラブロマンス中心

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE