My-Favoritestory-Annex

ロースクール Law School  法を教える立場の人間は、こうあるべきです!

1106 views

ロースクール Law School  全16話 (2021年 JTBC) Netflix

パズルのピースが、合わさる時、合理的な疑いは消え、実体的な真実のみが露わになる。

 

天秤と剣による法の審判が始まる。
法は果たして正義なのか

法で見極める真実と正義

名門ロースクールで、教授が殺害されるという前例のない殺人事件が起こる。
法と正義を教える教育現場で、大胆にも殺人をした者は誰なのか?
ロースクールを舞台にしたミステリーでもあり、そこに学ぶ将来、弁護士や検事にもなる若者の成長を描いたドラマでもありました。
前代未聞の事態に巻き込まれたロースクールの教授と野心あふれる学生たちは、本物の法、そして正義とは何かという大きな問いに直面することになる。

このドラマの醍醐味は、犯人が誰かということよりも、ヤン教授の教授法!だというのが感想です。
その犯人に浮上する学生達とヤン教授が、色々な思いの中で、事件解決に、真正面から取り組む姿が、スリリングでした。

ミステリーではなくヤン教授による“ソクラテス的問答法”による学生達へのスパルタ的実践的教育法に、胸が熱くなりました。学生達への指導者としての熱き思いと、教育者とはこうあって欲しいと強く感じました。「教授から学んでいる法律で裁くことができる」という道導になる素晴らしい教育者でした。
学生たちが法の知識と正義感を武器に事件に立ち向かい、法の裁きを与えるために成長する姿は見ていて清々しかった。”獅子は我が子を千尋の谷に落とす”ようにも見えたヤン教授の教育法ですが、本当に深い愛があるから、学生に試練を与えて成長させるヤン教授は、すごい。
悪に屈する法律家を世の中に送りだしてはならない、という信念を最後まで持ち続け、戦い続けた姿もかっこよかった。
※ソクラテス問答法▶︎対話によって相手の矛盾・無知を自覚させつつ、より高度な認識、真理へと導いていくテクニック

ミステリーエピソードは、難解な法律用語や、その犯人を追い詰めるための法廷闘争が、やや時系列で分かりにくく、急に場面が切り替わったりするので、ついていくのが大変でした。でもそうしてドキドキさせ、次のエピソードへの期待感を募らせるテクニックだってわかりますが、その事件に立ち向かう学生やヤン教授やウンスク教授達の姿の方に気持ちが動きました。

監督:キム・ソギュン 「まぶしくて」「今週、妻が浮気します」
脚本:ソ・イン 「法廷プリンスーイ判サ判」

パズルのピースとなるエピソードと人物

ヤン・ジョンフン教授🔹キム・ミョンミン 韓国大学ロースクールの教授で、元検事。

生徒たちを問い詰める厳しい授業から、ソクラテスをもじって“ヤンクラテス”のあだ名で恐れられています。自宅でパズルをしながら事件について考えることが多い。学生達には教授として必要最低限しか関わらないことをモットーとしているようでしたが、しっかりその学生を見ていることが回を追うごとに分かってきます。だた表現の仕方は冷淡でしたが….曲がったことは絶対に譲れない男でした。

カン・ソルA🔹リュ・ヘヨン 特別選考枠で入学できた女子学生。同じ名前の学生がいるので、カン・ソルAと呼ばれている。(煩わしい。どうして同じ名前の設定にしたのか最後までわからず…..)

慌てん坊で成績がギリギリの女子学生。高校生の時に、双子の姉・ダンをいじめていた女性に暴力を奮ってしまい、逆に暴行容疑で示談金を払う羽目になった過去がある。その相手は検事長の娘だった為に不利な状況に置かれてしまったが、ヤン教授は、カン・ソルA側に立ち、助けた。“法に謝罪をさせたい!”という思いで弁護士を目指します。小さな義妹カン・ビョルと母がいます。姉・ダンは5年前に失踪。(現在は、エリカ・シン弁護士)

エリカ・シン弁護士

 

ハン・ジュニ🔹キム・ボム 警察大学出身で、首席で入学。司法試験の2次までもパスした秀才。殺されたソ・ビョンジュ教授の甥です。

そんな叔父が、国会議員の友人に関わる賄賂の疑いで逮捕されたが、最終的には無罪宣告を受けた。ジュニは、検事の叔父への復讐心に燃えた男によって両親を失い、その叔父の息子の様にして育ったという過去があり、ジュニにとって叔父は、唯一の家族であり、信頼を寄せていた。そんな叔父が、無罪放免になったが、法を知り尽くしている叔父が、なぜ賄賂を受け取ったのか? 受け取らなかったのか? ジュニは、叔父を通じて信じてきた法と正義への不信感を募らせて、司法試験3次面接を放棄して、ロースクールに入学した。叔父のような法曹人にならない為に、叔父の様な検事を出さない為に。

 

ヤンは元検事で、当時のソ・ビョンジュ検事長をコ・ヒョンス議員から土地を譲り受けた収賄容疑で追い詰めましたが最高裁で判決が覆ってビョンジュは無罪に。この事件でヤンは検事を辞めたのでした。〜2020年3月〜ビョンジュはその後、韓国大学ロースクールに多額の寄付をし、教授に就任します。

キム・ウンスク教授🔹イ・ジョンウン 判事出身の民法教授・リーガルクリニックセンター長 最初の授業で出席している学生の名前を全て覚えて感動させ、授業も分かりやすく楽しく進める人気のある教授。ヤン教授の考え方には賛同してはいるが、彼女は現実的にバランスを保ちながら行動する。

カン・ジュワン教授🔹オ・マンソク カン・ソルBの父親。ロースクールの憲法教授。法曹一家の中で唯一、司法試験をパスできずに法学部の教授になったという経歴がある。妻は裁判官になれなかった夫を卑下し、娘カン・ソルBに対して裁判官になる様に強要する。そんな娘に対しては申し訳なさと父親としての愛情を注ぐ。

◆ ロースクール学生達

カン・ソルB🔹イ・スンギョン 法曹家の父と政治家の母を持つ裕福な家庭の娘。成績も優秀なのに、母は彼女を裁判官にする為に、執拗に干渉するので、トラブルが絶えない。中学生の時にソ・ビョンジュの論文の盗用・剽窃した。

ソ・ジホ🔹イ・デビット 父の死を無駄にしない為に、大手法律事務所に入って立派な弁護士になりたい学生。自殺に追い込まれた父の事件の黒幕は誰なのか。

チョン・イェスル🔹コ・ユンジョン モデルのといわれてもおかしくない容姿の女学生ですが、問題のある彼氏を抱えている。

ミン・ボクシ🔹イ・ガンジ クルクルパーマのヘアが似合う、人権派弁護士を目指す学生。

チョ・イェボン🔹キム・ミンスク 弁護士になる為には、どんな手段もとってしまう様な日和見主義的な学生。

ユ・ソンジェ🔹ヒョヌ 産婦人科の医師だったが、法律家を目指してロースクールに入るが、勉強についていけない。妻も産婦人科医師なのですが、妻の方が優秀な医師だった。その劣等感から法律家になることを選んだようです。ヤン教授やウンスク教授のPCをハッキングして試験問題を盗み、それで高得点を奪っていた男でした。

◆ ユーモア担当の人達

パク・グンテ弁護士🔹イ・チョンヒ 稼ぎにならない国選弁護人。ヤン教授の国選弁護人になってから、ロースクール生達と交流する様になった様だが、人は悪くない。最終話では、カン・ソルAと共同弁護士事務所開いていましたね。でも人気は、ソルA弁護士の方みたい。だって彼はお調子者でなんか頼り甲斐がない弁護士だから….

 

ソン・ドンイル🔹ウ・ヒョン  ロースクールのコピー室管理人?。元法科で学んでいたこともあるが、司法試験浪人生だったらしい。お節介焼きで、ロースークール生の相談相手にもなっている。韓国ロースクールの生き字引のような人。

 

 

◆ 事件の核心の人物達

ソ・ビョンジュ🔹アン・ネサン ジュニの叔父。検事長出身の大手法律事務所の弁護士であり、ロースクールの教授。

チン検事🔹パク・ヒョングォン  法は正義のではなく、出世の手段であり、出世の為には法の悪用も辞さない権力志向の検事。

コ・ヒョンス国会議員🔹チョン・ウォンジュン 出世と成功の為には殺人までも指示する、次期大統領を狙う男。唯一の弱みは、出来の悪い息子コ・ヨンチャン(イ・フィジョン)の事。イ・マノに殺人を命じた黒幕・チン検事の命綱・ソ・ビョンジュの悪友

イ・マンホ🔹チョ・ジェリョン 悪質な性犯罪者 息子の居場所を教えてくれることを条件にコ・ヒョンス議員の悪巧みに加担する。

このロースクールのドラマで重要なポイントは?

1. ヤン・ジョンフン教授とは? 象のパズルの意味することは?

パズルのピースが、合わさる時、合理的な疑いは消え、実体的な真実のみが露わになる。

2. ソ・ビョンジュ教授の死亡原因と犯人は誰?

ソ・ビョンジュ教授が殺された日、誰がどういう順番で部屋に入って何をしたのか、時系列を精査しないとよくわからないストーリー展開でしたが、この殺人事件からドラマはスタートしましたが、犯人が誰ということよりも、どうしてビョンジュ教授がこうなってしまったかを追ったドラマ展開だった様に思います。

政治家からの賄賂・ひき逃げ事故で彼の法曹界としての人生は終わってしまいました。そのどちらもコ・ヒョンス議員が関わっていました。

麻薬・足跡・マグカップに付くヤン教授の指紋・メガネの鼻パッド・スティックタイプのシュガー・低血糖症と色々な物証がでて、ロースクール学生や周りが犯人扱いされましたが、死因は、硬膜化出血ではなく、インシュリン注射の痕以外にも注射の痕があり、胃に注射の痕跡があったのです。真犯人は……

3. 性犯罪者イ・マノの役割は

コ・ヒョンス議員とは、息子の居場所を教えることを条件にビョンジュ殺人や、ヤン教授への殺人教唆をやった男。この男の役割は、このドラマへの恐怖感を感じさせることだった様な…….息子に会いたい為に、罪を重ねる男としては不気味な存在感がありました。性犯罪者というレッテルとあの容姿が、そういう印象を与えたのでしょうね。黒幕はあの政治家なのですから。

2008年、イ・マノの起こした性犯罪が減刑になった理由は、ひき逃げ事故を起こした車のナンバーを覚えていて、その車の持ち主ソ・ビョンジュと取引をしたから。イ・マノの起こした性犯罪を目撃した少年….その少年の存在に気づき、追いかけたが少年はひき逃げ事故で死亡する。その車を運転していたのが、ビョンジュ。ひき逃げ事故を黙認することを引き換えに、控訴しないことをイ・マノはビョンジュと約束する。

4. コ・ヒョンス議員とは、大統領になる野心の為に全てを失った男。

イ・マノや、キム・ジェチュル、キ・ドゥソンなどを操って目の前にある面倒臭い相手を排除する。ソ・ビョンジュや、チン検事、ロースクールの教授陣の命綱になって、彼らを思う様に動かしたけれど、肝心の息子の問題は解決できなかった。

最大の敵、ヤン教授には勝てなかった🎉

どうでもいいけれど、こういう大人が、大統領になる、なれるのかと考えるだけで、政治家とは、世の中で一番自己中の人間がなれる世界なんだと….

5. 事件を追っていくうちに、学生達の活躍と学生たちが抱えた秘密が次々と暴かれていくという流れ。

ロースクールで起きた殺人事件の被疑者になった教授の無実を証明するために、ロースクール生が立ち上がるところからはじまるこのドラマ。学生達が、模擬授業や実際の事件を通じて法律を学んでいくことの厳しさを見せつけたドラマでしたが、唯一のほのぼのするシーンが、ハン・ジュニが、ソルAに向ける優しい眼差しと二人の信頼感を感じさせるシーンです。成績は落第ギリギリで、母や妹の生活の心配もしなくてはならないのに、天真爛漫で頑張り屋のソルAを見守るジュニ。秀才でみんなから尊敬されているジュニなのに、カン・ソルAの何気ない言葉に癒されているという流れには、もう惚れちゃっているジュニが可愛くて…….二人の今後がどう発展しようと、あのロースクール時代を共有した時間は、二人の大事な時間として残り続けるでしょう。

でも、イェスルのデートDVというか、コ・ヒョンス議員の息子ヨンチャンは、どうしようもない出来の悪い男でした。父親の背中を見て育ったから、誰でも自分の思う様になると思っている。でも父親というバックがあるからとも理解できないのは、やはり育った環境が悪すぎたからでしょう。イェスルは、ヤン教授の教えを実行に移せたから、これからは、DV被害にあった弱い立場の人の頼もしいパートナーになるはずですよね。

ソ・ジホも、父親が自殺した原因をしっかり理解できたし、感情だけでは何にも解決しないとジュニや、ヤン教授からも教わりました。父親の死にもう縛られない人生を、弁護士として歩んでいって欲しい。

🥀最後にヤンクラテスの最後の言葉を

私の自責の念から学ぶ教え子達がいます。

法は、正義ではない。
法は、正義であるべきです。

“法は正義ではない”と身をもって教えた男、ソ・ビョンジュ
“公正に判断し、涙を飲む人を作るな” と言った ソ・ビョンジュ

法は、不安定な正義だ。
法を教える時、法は完全でなければならない。
法を学ぶ時、法は正義でなければならない。
正義でもない法は、最も残忍な暴力だから……

見応えのあるドラマでした。


💓キム・ボムさん、お久ぶりに拝見しました。肩幅も広く、大きくゆったりとした風貌になられてなんか安心しました。あまりダイエットした役柄は似合わない(勝手な希望です)

 

💖リュ・ヘヨンさん、とっても愛らしい素敵な女性でした。このドラマで、清々しい風になっていました。これからのご活躍を楽しみにしています。表情の変化がとても可愛くて自然でした。彼女の頑張る姿に応援したくなりました。そして何よりも友達思いの優しい心と勇気に👏

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
error: Content is protected !!